淡路島一棟貸しの宿『のびのび日和』の夢の田舎をつくるプロジェクト

南あわじ市の灘・阿万地域で、拠点と地域資源を活かした仕事をつくり、人を呼び込もうとしています!

空き家に眠っていた洋服と日本ミツバチの草地家

「草地家」のお二人は、のびのび日和によく遊びに来てくれたり、お手伝いをしてくれる若いご夫婦。

ようこちゃんは島外からの移住で、ゆきお君はUターンです。

淡路島の生活を楽しんでいて、見ているとほほえましくなる二人です。

 

f:id:amanada-awaji:20170722092556j:plain 

草地家では、日本ミツバチに関わる活動を展開されています。

探したり、育てたり、売ったり・・・

のびのび日和のマルシェイベントにも、出店してくれたことがあります。

口にすると、まず「ホー」とおどろき、それからさわやかな後味を感じさせるハチミツでした。

f:id:amanada-awaji:20170722093354j:plain

f:id:amanada-awaji:20170722093358j:plain

 

「二人の写真撮らせてね」と、撮影をお願いしたのですが・・・

タイミングが合わないところもご愛敬です(汗)

f:id:amanada-awaji:20170722092605j:plain

f:id:amanada-awaji:20170722092610j:plain

kusachike.com

 

 

こんなお二人を紹介したかったのと共に、注目していただきたいのが、この日着ていたようこちゃんの服です。

実はこちら、のびのび日和に眠っていた服だったのです。

前の住人だったおばあさまが生前に着られていたものかもしれません。

 

「これ残置物の運び出しワークショップのときに見つけて、いただいた洋服ですよ」と、ようこちゃん。

まだ着られるということに驚きました。

そして、なんとも似合っていてかわいらしい!

こんな一コマも、リノベーションならではですね。

 

f:id:amanada-awaji:20170722092616j:plain

 

のびのび日和とともに、草地家のお二人もよろしく願いいたします!!

 

www.nobinobibiyori.com

お客様からの感想のご紹介(7・20)

最近お泊りになられたお客様からレビューを頂きました。

ご宿泊ありがとうございました!!

 

(レビュー)

「のどかな景色と古民家の趣きが楽しめる一方で、お風呂やトイレ、キッチンなどの設備はモダンで便利。

寝具も清潔で想像以上に素晴らしい環境です。20-50代の男女7人で利用させていただきましたが、土間も部屋の広さも十分です。

海水浴場まで歩いて5-6分の好立地ですし、敷地内ではBBQも可能。子供の好奇心をそそる要素もたくさんあり、ファミリーでも快適に過ごせると思います。

夏以外の季節にもまた是非利用したいです。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ご宿泊検討中の方へのご参考になれば幸いです。

なお、8月中の週末はほぼ予約が埋まっています。

平日のご利用についてはまだ空白がありますので、よろしくお願いいたします。

 

f:id:amanada-awaji:20170720201614j:plain

 

 

www.nobinobibiyori.com

宿の周辺と阿万海岸と生き物採取

淡路島のいなかをあそび尽くす宿『のびのび日和』です。

遊び尽くすと言っても・・・あまり準備万端で来られなくてもいいのかもしれません。

 

f:id:amanada-awaji:20170717132721j:plain

 

子供たちが宿に遊びに来ると、いつの間にか蟹や魚を採ってきたりします。

宿から海までは400mぐらいあります。

宿の周りは水田と畑です。

でも、蟹をけっこう見かけます。

 

f:id:amanada-awaji:20170717133000j:plain

 

海のほうまで行けば、さらに貝などもたくさん採れるときも。

 

グロテスクな見た目の亀の手は、とっても美味しいとのことです。

見た目とは違って・・・

チャレンジ精神あふれる方は、ぜひどうぞ。

 

f:id:amanada-awaji:20170717132735j:plain

f:id:amanada-awaji:20170717132753j:plain

 

 

何もないところから遊びを見つける力も、現代の私たちが無くしがちなものなのかもしれませんね。

案外と、退屈するという経験が大切だったりするのでしょう。

 

 

www.nobinobibiyori.com

 

身体の中から軽くなる。 淡路島で「のびのびファスティング」2DAYS

秋口、夏の疲れが出てくる時期ですね。

こんなときこそファスティング(断食)はいかがですか?

淡路島の一棟貸しの宿『のびのび日和』で初の開催となります。

9月17日、18日開催。

f:id:amanada-awaji:20170714170729j:plain

 

初日にファスティングを体験し、翌日は回復食を召し上がっていただきます。

窓の外に一面の畑(夏は水田)が広がるのどかな環境でリラックスしてお過ごしください。

今回は特別にヨガ教室などのスペシャルコンテンツもご用意しています。

 

「花粉症が軽減した」など、ファスティングで体質が変わったという声を聞くことがあります。

軽く体験したぐらいでも体重が1、2キロ落ちる方が多いそうですよ。

穏やかな時間に身をおき、身体を中から整えて、元気になってお帰りください!

 

 

ファスティング講師はなぎさなおこ先生!

地元青森では知らない人はほぼいない、食育料理家のなぎさなおこ先生がファスティングを指導。

料理本のアカデミー賞と呼ばれるグルマン世界料理本大賞で著書『キッチンであそぼ!』が、ウーマンシェフ部門で世界2位を受賞しています。

「なぜ料理家が、料理を食べないファスティング?」と疑問に思われた方もいらっしゃるはず。

でも、なぎさ先生は
ファスティングはマイナスの健康食事療法です。現代の食生活では、余計なものの摂り過ぎが健康を害しているのです」
と、語ります。

ご一緒に、失敗無く着実に不調や体質を改善しませんか。

正しいファスティング(断食)の方法、日常の食事、ホルモンのお話、おすすめの空腹乗り切り方法などもレクチャーしてくださいます。

 

デトックス効果を高めるヨガも!!

さらにヨガ体験で、デトックス効果を高めましょう。

現地のヨガインストラクターのChisa先生が駆けつけてくれます。

あわじビーチヨガなどのイベントを成功させ、メディアでも注目されていらっしゃる先生です。

天気が良ければ、ビーチでヨガを楽しむ予定。

 

会場は、古民家をリノベーションした宿で!

会場となるのびのび日和は、築80年の農家をリノベーションして生まれた宿です。

窓の外の田園風景が癒してくれます。

「新しいけど、懐かしい」こんな感想をいただいています。

ファスティングには、きっとのんびりとした田舎が向いているはずです。

都会には誘惑やストレスがおおいですからね。 

 

 プログラム

9月17日、18日開催

【1日目】

11時30分 (送迎をご希望の方)『陸の港西淡』のバスターミナル集合
      ※10時10分三宮発のバスにお乗りください
12時00分 のびのび日和集合

・なぎさ先生のファスティング講座
・Chisa先生とビーチヨガ

 

【2日目】

・朝散歩(海岸など宿の周りを)

・回復食(淡路の野菜や果物と、青森のりんごを使った特製スムージーを予定)

11時00分解散予定

※終了後、希望者で灘・沼島方面へ遊びに行くことも企画検討しています。

 

参加・決行条件について

・18歳以上の方限定

・参加費はお一人27,000円(税込)
※早期申込割引あり

・最大8名、最低決行人数は4名

※結構の可否は、開催日の2週間前に決定します。

 

食べないのに2万円以上!?

参加費を見て「高い!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

たしかに2日ぐらいの断食ならば、気合いだけで、自力でも実行できてしまいそうです。

しかし、より効果的なやり方が存在していて、そのために酵素ドリンクなどを含めたツールも使います。

いわば原価のかかる断食なのです。

そして、今回の企画は「未来への投資』につなげていただきたいものです。

日ごろの食生活、さらには思考法やマインドの持ち方が今より少し良くなれば、将来の大きな財産となるはずです。

小さな蓄積は、長い目で見たらとても大きな差になって現れますからね。

なぎさ先生から、そんな指導をしてもらえる絶好のチャンスです。

得られるのは一生モノの経験と知恵だったりするのでしょう。

価値観は人それぞれ。

ただ、目の前の金額だけでなく、将来にわたって得られるメリットまで含めてご検討いただければ幸いです。

 

参加上のご注意

前日のお食事について

ファステイングの効果を高める為に、前日は、肉、魚、たまご、乳製品、揚げ物、スイーツ類、小麦を含む食事はお休みして、野菜、お米、発酵食品(漬け物・納豆・味噌)、豆、海藻類を中心の食事にして参加して頂くと効果が感じられやすいです。

 

のんびりとお過ごしください

デトックスやリラックスを目的とした企画のため、あえてスケジュールに空白を作っています。

のんびりと時間つぶしができる道具(本やイヤホンで聞く音楽)をご準備いただくことをオススメします。なお、宿にも本やボードゲームが少しあります。

 

参加者特典

酵素ドリンクセット付(13,000円相当)

酵素ドリンク一日分、専用ボトル、無農薬マグマ梅干し、オーガニックノンカフェインお茶飲み放題、回復食(特製フレッシュスムージー)、腸内スッキリ大根)

 

②なぎさ先生のカウンセリング

普段は忙しくて個別にはお会いできない、なぎさ先生。

でも、少人数性のこの機会ならゆっくりお話ができます。

食事や健康のこと、さらにはキャリアのことまで聞いてみちゃいましょう。

 

 

なぎさなおこ先生プロフィール

食育料理家/エキスパートファスティングマイスター/なぎさカフェオーナー

f:id:amanada-awaji:20170714170638j:plain

 
病気予防の食事をコンセプトにした野菜中心の家庭料理が人気の「なぎさカフェ」代表兼シェフ。
2014年、料理本のアカデミー賞と呼ばれるグルマン世界料理本大賞で著書『キッチンであそぼ!』がウーマンシェフ部門で世界2位を受賞。
食に関わる豊富な経験・実績から、飲食店のプロデュースや、企業のレシピ作り、各種教育機関や施設での食育講座や料理教室の講師を務める。

〈関連サイト〉

フードコミュミケーション協会

なぎさ先生のブログ

 

Chisa先生プロフィール

 ベーシックヨガインストラクター/アウトドアフィットネスインストラクター

f:id:amanada-awaji:20170714171024j:plain

 

淡路島生まれ、神戸市育ち。自然の豊かな環境を求め、2016年春に淡路島に孫ターン(親よりも孫が先にUターンすること)。

OL時代の心身の不調を、ヨガとランニングで解消したことがきっかけで、2015年にヨガインストラクターになる。

プライベートでは、アウトドアアクティビティを好み、屋外で身体を動かす気持ちよさをたくさんの人に伝えるべく活動しています。

ヨガは、ダイナミックな動きのいわゆる陽ヨガよりも、リラックス系の代表である陰ヨガの学びを日々深めている。

淡路島の西海岸、慶野松原で定期開催のビーチヨガ、『AWAJI BEACH YOGA』主宰。

Chisa先生のブログ

 

申込方法とキャンセル料等について

申込方法

お申込は、必要事項を記載の上、こちらのメールアドレスに送信ください。

 cafe@nobinobibiyori.com

 【記載事項】
  お名前、住所、電話番号、メールアドレス、ファスティング参加の旨

お支払方法

参加料のお支払いについては、申込み後にメール等でご案内させていただきます。

キャンセル料

7日前までのキャンセルは全額返金

それ以降は、参加費の60%をキャンセル料としていただきます。
※いずれの場合も振込手数料をご負担いただきます。

 

早期のお申込みがお得です! 

早期申込の方を優遇させていただきます。

8月10日までのお申込みは10%割引でご参加可能です。

 

 

ご自身をしっかり大切に!

なぎさ先生とChisa先生のご厚意により、今回の企画が誕生しました。

ご参加いただくあなたの未来を豊かにする「場」と「時間」と「人」をご用意しています。

ご自身をしっかり大切にしてあげてください!

 

【イベント】淡路島で釣りとバーベキュー、農作業体験はいかが?

淡路島の宿、のびのび日和から派生した『のびのび部』。

現地を遊ぶサークル活動です。

 

f:id:amanada-awaji:20170712223507j:plain

 

次回は7月16日(日)17日(月)に開催します。

初日は釣りを楽しみ、釣った魚をバーベキューで食べます。

 

2日目はみかん農園にいってのんびり農作業。

その後はお昼を食べて、海に行くも、観光に行くもありです。

 

宿泊は、いつもお世話になっている農園主さんの離れのお家に泊まります。

(のびのび日和ではありません)

きっと農園主さんのお話を聞ける機会もあるでしょう。

やさしく素敵な方で、話も面白いです。

 

どちらか1日だけの参加も可能で、日帰りでも参加OK。

費用は、交通費や実費のみ。

宿泊費は不要です。

 

南あわじの灘、阿万地域の魅力を体感しに来てください!

 

 

集合:2017/7/16(日) 10:00 陸の湊西淡のバスターミナル集合

※集合時間に来られない方は、別途調整しましょう。

費用:交通費、食費の実費 ※宿泊は無料

申込方法:リンク先のメールアドレスからご一報ください。

 

www.nobinobibiyori.com

 

淡路島は、玉ねぎ畑から田んぼへ

南あわじは稲作の季節です。

 

f:id:amanada-awaji:20170709153629j:plain

 

のびのび日和から見えていた畑にも水がはられ、水田になっています。

ちょっと前までは玉ねぎ畑だったのに・・・

 

f:id:amanada-awaji:20170709154024j:plain

こちらの写真がビフォーで。

 

 

f:id:amanada-awaji:20170709152540j:plain

こちらがアフター。

 

気温は日増しに高くなりますが、水が張られたおかげで涼し気です。

ありがたい。

 

f:id:amanada-awaji:20170709153818j:plain

 

ご宿泊のお客さんが、田んぼで遊んでいらっしゃいました。

のどかです。

 

のびのび日和からひろがる一面の畑(ときに田んぼ)の景色は「一日見ていても飽きない」と言っていただくことがよくあります。

四季でも変化があるので、これまた飽きさせませんよ。

 

www.nobinobibiyori.com

 

 

 

南あわじのメダカちゃん達

宿でメダカちゃんを飼いはじめました!

 

周囲の畑が水田に変わりました。

すると、なぜか水路にメダカが現れる・・・

昨年の経験から気付いていました。

そして、宿には水ガメがありました。

これが本当に水ガメなのかは、疑問が残りますが・・・

 

 

昨年から狙っていたのです。

「メダカが捕れるようになったらこの水ガメで飼おう」と。

ちなみにこの水ガメも、空き家時代から残されていたものです。

玄関先とかでメダカを飼っている光景は、私の憧れでもありました。

 

f:id:amanada-awaji:20170705225003j:plain

 

 

前回のイベントのときには、子供たちがたくさん遊びにきていました。

そこで「みんな、メダカ捕ってきて!!」と号令。

網を手にしてすごい勢いでハンターたちが向かいます。

 

f:id:amanada-awaji:20170705225033j:plain

 

そして、その結果を見てみると・・・

 

なんか多すぎない!?(・_・;)

この小さな世界に、大量のメダカが泳いでいます。

見ているだけで酸欠になりそう。

 

「フナも入ってるよ。

あと、ヤゴもとれたから一緒にいれてあげたの!」

 

と嬉しそうに子供が報告します。

 

ちょっと待って!?

ヤゴってメダカ食べちゃうでしょ・・・

  

南あわじのメダカちゃんたちに会いに来てくださいね!!

 

 

www.nobinobibiyori.com